2011年問題について

2011年問題とは

2011年7月に開始される「地上デジタル放送」。
これまで使用してきたブラウン管テレビはどうなるのでしょうか?

ブラウン管テレビは、2001年に施行された「家電リサイクル法」によって、洗濯機・エアコン・冷蔵庫と合わせた4品目として、製造業者などに再商品化が義務付けられています。

その中でテレビはリサイクル工程に投入した総重量の55%以上が部品や原材料として再商品化される事が義務付けられています。

消費者・事業者それぞれが十分な理解の下に成り立つ「家電リサイクル法」ですが、残念な事に、ブラウン管テレビの不法投棄は減少するどころか、増加の一途をたどっています。

2011年には、現在のアナログ放送から地上デジタル放送への移行に伴い、約5000万台もの廃棄ブラウン管テレビが発生すると予想されています。この数字は家電リサイクル法が指定するリサイクルセンターでは許容量をはるかに超える量です。

2011年に一気にゴミとして排出されるブラウン管テレビをどのように処理するかは、もうすぐそこまで迫っている深刻な問題なのです。

ページトップへ戻る

それぞれが取り組める2011年問題

私たちにもできる、地球の為にやさしいこと。
2011年、どんな問題が起こるのでしょうか。ホンジョーなら、環境にも皆様にもプラスになるようなご提案をいたします!リサイクル参加パートナーになりませんか?

みんなで解決しよう!2011年問題

  • 個人・団体の皆様にできること
  • 自治体・行政の皆様にできること
  • 家電量販店・家電リサイクルメーカー様にできること
  • 産業廃棄物業者様にできること
  • 一般事務所・企業の皆様にできること
  • ガラスメーカーの皆様にできること

ブラウン管テレビ廃棄に関する記事

記事をクリックすると拡大でご覧になれます。

  • シャープ リサイクル工場稼動(朝日新聞2007-4-20)
  • 40兆円市場 地上波デジタルTV(日経新聞2003)
  • 2011年ショック ブラウン管TV5000万台ゴミ(毎日新聞2007).jpg
  • 消える、廃家電
  • デジタル特需 期待と課題(日経新聞2002-7-18)
  • 大阪府テレビリサイクル率達成困難で基準改正(毎日新聞2007-1-16)
  • 読売ウイークリー1
  • 読売ウイークリー2
  • 読売ウイークリー3
  • 破砕で鉛流出基準の2600倍(読売新聞1997-11-11)
  • 廃家電 見えない行方(日経新聞2007-1-9)
  • 廃棄ブラウン管行き場なし(朝日新聞2007-6-28)